弁護士コラム

2017.01.17

33 保護命令

DVの場合には、配偶者が接近することを防止するために、保護命令の申立を行い、裁判所から相手方に対し、接近禁止命令を出してもらうことが考えられます。接近禁止命令とは、命令が出されてから6か月間、申立人の身辺につきまとったり、申立人の住居や勤務先などの付近をうろつくことを禁止する命令です。

DV配偶者が接近禁止命令に違反した場合は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金という刑事罰が科せられることがありますので、一定の実効性があると言えます。

保護命令には、上記の接近禁止命令だけでなく、退去命令、子への接近禁止命令、親族等への接近禁止命令、電話等禁止命令などがあります。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ