弁護士コラム

2017.01.17

29 強度の精神病

強度の精神病とは、婚姻関係における協力・扶助を十分に果たすことができない程度の精神障害を指します。

精神病による離婚が認められるためには、「強度の精神病にかかり回復の見込みがないこと」が必要であり、この要件を満たすか否かについては、最終的には医師の診断書等を参考にして裁判官が判断することになります。

そして、精神病が強度といえるかどうかについては、精神病の程度が婚姻関係の本質である夫婦相互の協力義務が果たせない程度に達しているかどうかによって決められるのが通常です。

もっとも、精神病にかかっている配偶者には、落ち度がないことが通常であることから、強度の精神病にかかっていると認められたとしても、離婚後の療養や生活などについてある程度めどがついていない場合には、離婚は認められないとされています。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ