弁護士コラム

2017.01.17

28 3年以上の生死不明

3年以上生死が明らかではない場合には、離婚が認められることになります。

生死不明の状態とは、全く消息がつかめない状況で、文字通り生きている可能性と亡くなっている可能性のどちらも検討がつかない場合をいいます。単に、相手方が出て行って、メールや電話などにより連絡は取れるものの、居場所が分からないという場合(居所不明)である期間が3年以上続いたとしても、生死不明には該当しません。

もっとも、居所不明の状態が3年間経過していた場合や、生死不明になってからまだ2年しか経過していない場合であっても、これまでの夫婦関係や別居にいたった経緯等から、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当し、離婚が認められる場合もあります。

当事務所は、福岡を本店とし、九州トップクラスの離婚取扱件数を誇る弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、離婚、親権、養育費、財産分与などでお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ