2017.08.30

35 交通犯罪とは

交通犯罪には,危険運転致死傷罪,過失運転致傷罪などの被害者の存在する犯罪と道路交通法違反(無免許運転や制限速度超過など)といった被害者の存在しない犯罪があります。このうち,危険運転致傷罪の法定刑は懲役15年以下と規定されており,危険運転致傷罪の法定刑は懲役1年以上と規定されています。そのため,危険運転致傷罪においては,裁判員裁判の対象事件となりますので,極めて重大な犯罪であると規定されています。
 交通犯罪においては,一般的には,死亡事故などの重大な結果が生じていない場合には,身体拘束まではされないケースが多く見受けられます。
交通犯罪において被害者がいる場合には,まずは速やかに被害者と示談交渉をし,被害者の許しを得ることが重要になります。
当事務所は,福岡を本店とし,多数の刑事事件案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで,刑事事件でお悩みの方は,一度当事務所の無料相談をご利用ください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ