2017.08.30

34 性犯罪の捜査実務・裁判実務

性犯罪の自白事件においては,被害者との示談成立が最優先課題となります。被害者の示談によって許してもらうことによって,裁判所に対して刑の執行猶予や減刑を求めていくことになります。
性犯罪のうち痴漢事件においては,えん罪であるにもかかわらず,逮捕されるケースが多発していると思われます。そして,捜査機関から逮捕後に早期釈放や罰金で済むためには,速やかに犯行を認めるように誘導されることがあります。ここで,えん罪であるにもかかわらず一度自白してしまうと,後々これをひっくり返すことが困難であることが実情であり,有罪となってしまう可能性が高まります。したがって,えん罪である場合には,捜査機関からの自白の誘導に乗ることなく,否認を続けることが最も重要になります。
当事務所は,福岡を本店とし,多数の刑事事件案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで,刑事事件でお悩みの方は,一度当事務所の無料相談をご利用ください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ