2017.08.21

20 略式手続

略式手続とは,検察官の請求により,公判手続を経ることなく100万円以下の罰金または科料を課す裁判を言い渡す手続きのことを指します。この略式手続については,被疑者の異議がないことを書面で明らかにしなければなりません。

 略式手続きのメリットとしましては,公判手続を経る必要がありませんので,自白事件においては早期に事件を終結させ,身体拘束から解放されるということが挙げられます。したがって,自白事件で公判請求されるとより重い刑が処せられるリスクがある場合には,積極的に略式手続に応じることが賢明であると言えます。

当事務所は,福岡を本店とし,多数の刑事事件案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで,刑事事件でお悩みの方は,一度当事務所の無料相談をご利用ください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ