2017.08.09

9 勾留決定に対する準抗告

勾留は,逃亡や罪証隠滅の防止のために行われるものです。

しかし,現在の捜査実務では,勾留期間において被疑者の取り調べを行い,被疑者の供述調書を取ることを目的に行われているように思われます。そのため,勾留決定に対しては,逃亡や罪証隠滅のおそれがないことを具体的に主張し,被疑者を身体拘束するのではなく,在宅での捜査に切り替えるように異議の申し立てをすることを検討すべきです。この勾留決定に対する異議の申し立てを,準抗告と呼びます。

 ただし,現状としましては,勾留決定は安易に認められる半面,準抗告は容易には認められないのが実情です。

当事務所は,福岡を本店とし,多数の刑事事件案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで,刑事事件でお悩みの方は,一度当事務所の無料相談をご利用ください。

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ