弁護士コラム

2017.01.18

19 自動車保険の内容は様々

自動車保険の内容は様々ですので、まずはご自身の自動車保険の内容を確認する必要があります。特に、交通事故に遭われた際には、直ちにご自身の保険の内容を確認し、弁護士費用特約がついている場合には、弁護士費用を気にする必要がないため、弁護士に交渉等を依頼することをお勧めします。なお、弁護士費用特約を使ったとしても、保険の等級が上がり支払うべき保険料が増えるということはありません。

また、現在、弁護士費用特約に加入していない場合には、いつ交通事故の被害者になるか分からないため、いざというときに備えるためにも、ぜひ加入することをお勧めします。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2017.01.18

18 弁護士費用特約

交通事故の加害者は、保険会社の示談代行サービスを利用することによって、交渉を保険会社にゆだねることができます。これに対して、交通事故の被害者については、保険会社が示談の代行をすることができませんので、御本人または弁護士に委任して示談交渉する必要があります。しかし、保険会社は交渉のプロですので被害者御本人で交渉するのは困難といえますが、弁護士に委任する場合は弁護士費用がネックになります。そこで、弁護士費用特約を締結することによって、被害者側が弁護士に示談交渉及び訴訟を委任する際の弁護士費用について保険金が支払われることになります。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2017.01.18

17 人身傷害補償保険

人身傷害補償保険とは、交通事故や落下物との衝突などによって死傷することを条件に、保険会社が一定額の保険金を支払う内容の保険です。現在では、人身傷害補償保険は、ほとんどの保険につけられているものです。

人身傷害補償保険のメリットは、過失割合にかかわりなく一定額が支払われることや加害者との交渉をせずに迅速に支払いを受けることができることなどが挙げられます。これに対して、人身傷害補償保険のデメリットとしては、保険金の支払額が保険会社の定めた一定額なので実際の裁判で認定される基準よりも低額になる可能性があることが挙げられます。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2017.01.18

16 賠償責任保険

賠償責任保険とは、交通事故によって他人のものを壊したり怪我をさせたことにより、被害者に対して損害賠償責任を負ったときに、この損害を填補するものです。物的損害と人的損害の両方に対応するためには、対物賠償責任保険と対人賠償責任保険の2つに加入する必要があります。また、被害者が死亡してしまった場合や、事故により重度の後遺障害が認められる場合など、重大な人身事故を起こしてしまった際には,多額の損害賠償義務を負うリスクがありますので、対人賠償保険については保険金額を無制限のものにすることが一般的になっています。

また、物損事故の場合であっても、家屋、店舗、電柱やガードレールなどに衝突し、これらの物を破損させてしまった場合には、多額の賠償責任を負うリスクがあるため、対物賠償保険についても保険金額を高額に設定しておいた方がよいと考えられています。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2017.01.18

15 任意保険(総論)

任意保険の内容としては、各保険会社が様々な商品内容を提供しています。任意保険の主な内容としては、主契約として賠償責任保険、人身傷害保険などがあり、主契約に付加され、保険の内容を充実させるための特約として、弁護士費用特約などが挙げられます。

任意保険については、主契約の限度額等の補償内容や、付加する特約の種類等に応じて、契約者が負担する保険料の金額も変更されるため、任意保険に加入する際は、補償内容や保険料、事故後のサービス内容など締結する保険の内容についてよく検討する必要があります。

以下では、賠償責任保険、人身傷害保険、弁護士費用特約の内容などについてご説明します。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2017.01.18

14 自賠責保険

自賠責保険とは、自動車を運行するものに締結が強制される強制保険であり、自賠責保険に加入していない自動車を運転する者には、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。自賠責保険は、保険金額が法定されており、例えば傷害の事案では最大120万円までしか保険金が支払われません。また、自賠責保険からは、人的損害についての損害賠償金のみ支払われますので、物的損害に関する損害賠償金は支払われません。

そのため、交通事故発生の場合の保険金額としては、自賠責保険だけだと不十分であるケースが想定されますので、さらに任意保険に加入して交通事故に備える必要があります。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

2017.01.18

13 自動車保険(総論)

自動車保険には、強制保険としての自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と任意保険の2種類が存在しています。自賠責保険は、自動車を運行する者に締結が義務付けられているものです。また、任意保険についても、締結が強制されているわけではありませんが、事実上多くの方が締結しているものといえます。

自賠責保険と任意保険との関係は、まず自賠責保険で保険金の支払いを受け、自賠責保険で賄われない部分について任意保険から支払われることになります。例えば、人身事故の場合には、自賠責保険から支払われる治療費等の金額が最大で120万円ですので、それ以上の治療費が必要な場合は任意保険からの支払いを受けることになります。

当事務所は、福岡を本店とし、多数の交通事故案件を扱う弁護士法人です。熊本・八代・天草・玉名・宇城・荒尾にお住まいで、交通事故でお悩みの方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

 

投稿者: 弁護士法人菰田法律事務所

受付時間 9:00~20:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日

〒 860-0801
熊本市中央区安政町3-16 熊本センタービル7階

  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ
  • 096-356-7000
  • お気軽にお問い合わせください メールでのお問い合わせ